カードローンの融資までの流れ

大口融資から小口融資まで融資額が幅広いカードローンの融資までの流れを説明していきたいと思います。どのような過程を踏まえた上で融資を受けることができるのでしょうか。

 

利用することになるかもしれない金融商品の知識を身につけておくと、お金の知識として視野が広がるでしょう。

 

申し込み

まず始めにすることは、金融会社への申し込みです。
カードローンを販売している金融会社は主に、銀行、消費者金融、信販会社となっています。

 

金融会社を選ぶポイントは、できるだけ低金利のところを選ぶことです。
低金利であればあるほど、返済額の負担も減らすことができます。

 

申し込みは、インターネット、郵送、電話、店頭窓口、無人機などたくさんの方法が揃っています。1番早く融資が受けられる申し込み方法は、インターネットでの申し込みとなっているので参考にしてみて下さい。

 

審査

申し込みをすれば金融会社で審査が行われます。

 

審査は金融会社によって基準は多少違いますが、基本的に「個人情報」「信用情報」を照らし合わせながら審査をしていく事になります。低金利で提供しているところほど審査が厳しい傾向がみられ、消費者金融といった金融会社は比較的審査が甘い部分があります。

 

審査結果は、最短30分で分かるようになっているので即日融資も可能です。

 

融資

審査に通ることができれば、いよいよ融資が受けられます。

 

カードローンが自宅に送られてくるのを待たずとも即日融資可能となっているところであれば、すぐに指定した口座に必要な金額が振り込まれることになります。

 

すぐに現金が手に入ることができるのはありがたいですよね。
カードローンの融資までの流れはだいたいこのようになっています。