審査に通る人と通らない人

カードローンの審査に通った人と通らない人、違いはどのような点にあるのでしょうか。

 

審査に落ちてしまえば再度通過するためにも3年以上はかかってしまうと言われています。一度落ちてしまった金融会社にもう1度トライするというのはリスクがついてしまうのです。

 

スムーズにカードローンを利用することができるようにするためにも、カードローンの審査について知っておきましょう。

 

不安定な収入、勤続年数

カードローンの利用条件は、「安定した収入のある20歳以上の人」となっているように、毎月安定した収入がなければ審査に通過することもできません。

 

特に、自社のリスクが大きい低金利の銀行は安定した収入から返済能力の有無を判断しています。勤続年数が長ければ長いほど、安定した収入があると判断され、カードローンの審査に通ることができるのです。

 

職場がよく変わる人は、勤続年数が短く、不安定な収入となっています。
そのような人はまず、審査に通ることは難しいと考えてもらって良いでしょう。

 

信用情報の影響

過去に金融会社とトラブルを起こしたことがある、返済が滞ったことがあるという方はすべての履歴が信用情報に記載されています。金融会社は信用情報を照会するので、すべて筒抜けです。

 

審査に通らない人は、この信用情報に何かしらの傷があることが大きな要因となっています。

 

信用情報に記載されたことは最低5年経過しないと消されることはありません。審査に通らなかった人は、自分の信用情報がどのように記載されているのか確認してみることをお勧めします。