総量規制とは?

お金を貸す会社に対して、国は貸金業法という法律を設けています。

 

その中で私たち借りる側にも大きく関わってくるのが、総量規制の項目です。
これは、個人がお金を借りる場合に、年収の3分の1未満でなければいけないとする法律です。

 

想定年収が300万円の人であれば、100万円までしか借りられないということですね。

 

バブル時代にはこうした規制がなく、青天井にお金を借りた挙句、返せなくなって自己破産してしまった人が続出したために、法律の改正を行ってこのような制限が設けられました。貸金業に関する法律は細かく見直されていて、この他にも金融会社が取っていい金利の上限なども変更されたりしています。

 

ただ、こうした法律の対象となるのは一般の企業であり、銀行は対象外となっているために、カードローン会社によっては法律の適用にあたらない会社もあります。

 

カードローン会社を選ぶ上ではいろいろな条件を照らしあわせてみる必要があり、そのことがカードローン選びを複雑にしています。

 

総量規制の対象の場合、例えば専業主婦は自分に収入がないために原則お金は1円も借りられないことになります。厳密に言うと救済策はあるのですが、手続きが面倒なために消費者金融会社のほうで受け付けなくなっています。

 

こうした場合は、お金を借りたい場合に銀行系列の金融会社に申し込む必要があります。基本的には自分で借りる先は自由に選ぶことが出来るのですが、所々の条件のために制限がかかる場合もあるのです。