カードローンに必要な書類って?

カードローンの申し込み時に必要な書類を準備しなければいけません。
慌てて準備することがないように、予め準備しておくことをお勧めします。

 

本人証明書

本人が確認できる証明書は必要となるので欠かさず持参しておくようにしましょう。

 

免許証を持っている人ならば免許証、保険証、パスポート、住民基本台紙カードなど本人が確認できるものならばOKです。外国人の場合は、在留カードや特別永住者証明書、外国人登録証明書が必要になります。

 

いずれにせよ、本人証明書のコピーが要るので準備しておいて下さい。

 

最近では、学生でもアルバイトといった収入があるならばカードローンの利用が可能です。
学生の場合は、本人証明書の他に学生証が必要となります。

 

収入証明書

銀行の場合は100万円以上、消費者金融の場合は50万円以上の融資の場合のみ必要となる書類です。源泉微収票、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細書などが収入証明書となります。

 

勤めている会社や役場で申請すれば気軽に手に入れることができる書類となっています。小口融資であれば収入証明書は必要ありません。

 

収入証明書は、返済能力の有無を確認することができる大切な書類となります。

 

金融会社の中でも特に銀行は金利が低い分、お金を貸してもちゃんと返済できる人かどうか収入証明書で判断されます。また、専業主婦といった収入がまったくない方は収入証明書自体持っていないので配偶者の収入証明書を用意しなければなりません。

 

しかし、それでは旦那にお金を借りることがバレてしまうので嫌がる人もいます。
身内にバレずに借りるならば、収入証明書が不要な金融会社を選ぶと良いでしょう。