カードローン審査とは?

カードローンを申し込んだ時に最初にクリアする必要があるのが審査です。

 

申し込んだ先の会社は、個人信用情報というものを参照して、その人に何か問題がないかどうかをチェックします。個人信用情報というのは、その人がお金の信用取引において、過去から現在までにどのような行動をしてきたかのデータベースです。

 

クレジットカードを申し込んだ時や本体がローンとなる携帯電話を購入した時、その他もろもろの金融に関係する足跡がすべて入力されている個人の情報です。

 

これを取り扱っているのは国が定めた金融機関で、JICCやCICといった信用情報機関がデータを管理しています。ここの中の情報は、本人が内容開示を求めれば郵送などで取り寄せることが出来ます。(有料)

 

この他にも国の決めた「総量規制」という法律によって、その人がお金を借りすぎていないかどうかをチェックする意味もあります。何社も何社もたくさんお金を借りている先がある人は、審査には通りにくいと考えればよいでしょう。

 

個人の現在の状態がわかって、問題ないとなった場合には、今度は勤務先への在籍確認などが行われます。最初の申し込み時に勤め先や勤続年数などを記入することになりますが、その内容に嘘がないかどうかをチェックするためです。

 

例え悪意がなかったとしても、事実と違う内容を間違って申告してしまったりするとトラブルの元です。仕事先の連絡先や会社名、所在地などなど、細かい情報までミスの無いようにしなければいけませんね。

 

最近はほとんどがインターネットからの申し込みで、中には在籍確認などが省略出来る会社もあります。