銀行カードローン審査のポイント

金融会社の中でも圧倒的な人気がある銀行のカードローンは、金利の低さと安全性が売りです。私たちに1番身近な金融会社なので、安心できるカードローンと言っても良いでしょう。

 

金利が低いという点が非常に魅力的であり、低金利ということは返済額の負担も減らすことができるということになります。銀行の場合のカードローン審査のポイントについてみていきましょう。

 

返済能力の有無

銀行が1番審査で重要視するのはその人の“返済能力の有無”です。

 

融資になぜ金利がつくのかというと、金利は金融会社が消費者にお金を貸す保険の役割を担っています。きちんと返済してくれなければ金融会社も破綻してしまいますよね。

 

返済能力がある人にしかお金を貸すことはできません。

 

銀行は、低金利でお金を提供しているので、特に年収と勤続年数といった項目で返済能力を見ます。年収が大きければ大きいほど、勤続年数が長ければ長いほど安定した収入があると証明することができるのです。

 

信用情報

以前利用していたカードローンで返済を滞らせてしまったり、金融会社と問題を起こしたことがある方は絶対に審査に通ることができません。

 

すべての履歴が信用情報に記載されているからです。

 

信用情報に傷が入ってしまうと銀行はそれだけであなたへの信用性がなくなり、在籍確認されずとも落とされてしまいます。また、今までの利用に問題がなくても、同時に複数の金融会社へ申し込みをすれば落とされてしまう可能性があります。

 

複数の金融会社へ申し込みをするということは、多重債務者になる恐れがあると判断されるからです。自分の信用情報がどのようになっているのか、信用情報機関に問い合わせることもできるのでぜひチェックしてみて下さい。