消費者金融の審査のポイント

カードローンのサービスが充実している消費者金融は、金利が高いですが、審査が比較的甘いと認識されています。

 

信用情報にある程度問題があっても審査に通過することができるところなど審査基準も消費者金融によって様々です。消費者金融のカードローン審査はどのような点がポイントになるのかみていきたいと思います。

 

総量規制対象内である事

消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっています。
つまり年収の3分の1以上の借入れを行うことはできません。

 

融資額が3分の1以内であれば、大体の人が審査に通ることができるのが消費者金融の魅力とも言って良いでしょう。よって、銀行の審査に落ちた人が必ず次に申し込むのが消費者金融となっている流れがあります。

 

消費者金融は銀行から利用者を取り入れようと銀行よりも審査の基準を低く設定しているのです。最近では、大手銀行の傘下に入る消費者金融が増えてきました。

 

これは、安全性が高い銀行のイメージを吸収することにより、消費者が抱くイメージを和らげる効果となっています。

 

信用情報が不要な理由

消費者金融の中には信用情報を照会せずとも自社の審査基準で判断しているところがあります。なぜ銀行では欠かせない信用情報が必要ないのでしょうか。

 

信用情報を得るためには、信用情報機関というところにある一定のお金を提供しなければいけません。消費者金融にはそのお金がないので、自分たちで審査基準をつくり、個人情報のみで判断することになります。

 

その為、銀行よりも審査が甘いと言われているのです。