カードローンの金利について

カードローンを利用してお金を借りた場合、当然ながら借りた金額や借りている期間によって利息を払わなくてはいけません。その場合に計算するための数値が、パーセンテージで表示されている金利というものです。

 

借りたお金を元金と言いますが、元金にその決められたパーセンテージを掛け合わせて計算されるわけですから、金利は安ければ安いほうが借りる方にとっては助かりますよね。

 

カードローン会社を選ぶ時の一つの目安となるのが、この金利というものです。

 

個人にお金を貸してくれる金融会社を見比べているとわかると思いますが、銀行系列のカードローン会社は比較的金利が低いことがわかると思います。

 

消費者金融会社のほうは、銀行から自分でお金を借りて、それを消費者へ貸すことで利益を得ることになりますので、どうしてもマージンを取る分、金利を高く設定せざるを得なくなります。

 

だから、出来ることならまずは銀行カードローン系の会社からお金を借りることを考える人が多いのです。

 

ただ、最近では消費者金融会社のほうも、一定条件を満たせば金利ゼロにする期間を設けたり、毎月無利息の期間を設けるなどしてサービス向上に努めています。

 

どちらが得かは、自分がどのようにお金を借りて、どのように返すつもりかの計画によりますので一概には言えません。また、パーセンテージである以上、元金の額によっても大きく差が出てきますので、自分がどれくらいの額を借りて、いつ返すつもりなのかによっても変わってくるでしょう。