銀行カードローンと総量規制の関係

総量規制とは、年収の1/3までしか借入ができない法律です。
さらに、貸金業者には、自社の借入残高が50万円を超えている場合、総借入残高が100万円を超える場合は、年収等の分かる資料の取得が義務付けられています。
しかし、銀行からの借り入れは、総量規制の対象外になるのをご存知ですか?
ですから、銀行カードローンの場合、審査に通れば、500万円等の高額融資を受けることが可能です。
500万円を借りる場合、総量規制の関係で消費者金融なら、年収が1500万円無いと無理ですが、
銀行カードローンなら融資を受けることが可能です。
総量規制の対象になる貸金業者は、消費者金融、事業者金融、クレジットカード会社、信販会社です。
総量規制の対象にならないのは、銀行、ゆうちょ銀行、農協等の金融機関です。
つまり、銀行からの借り入れは、年収の1/3を超えた金額でも可能だということです。
ですから、銀行のカードローンは、おまとめローンとして使う方が多いです。
複数の消費者金融からの借入が雪だるま式に大きくなってしまって返済が困難になっている方が、
債務を一本化する際に役立つのが銀行カードローンです。
高金利な消費者金融で融資を受けるより、銀行カードローンに一本化してしまえば、金利も安く、毎月の返済も楽になります。
複数の消費者金融等から借入がある場合、自己破産を考える前に、銀行カードローンでおまとめするという選択肢を考えてみませんか?