カードローンで審査に落ちる理由とは?

★メチャメチャ審査が緩い銀行カードローンとは?

 

カードローン審査に落ちてしまった場合、何が原因だったのかと聞きたくなるかもしれませんが、問い合わせても基準に合わなかったとしか言われないはずです。

 

カードローンの審査に落ちてしまう理由はいくつかあります。

 

複数の会社から借り入れがある

今現在複数の会社からお金を借りている、もしくは契約しているという、いわゆる多重債務者の場合が、おそらく一番審査に落ちる理由となるでしょう。これは債務超過に陥らせないための金融会社の防御策としては当然です。

 

ただ、大昔に他の会社と契約して、お金を借りてもいないのに契約だけが残ったままになっているという場合もありますので、使わない契約はきちんと閉じましょう。

 

いつか使うだろうと思って持っていても、使わないなら良いことはありません。

 

申し込み内容に虚偽がある

例え単純なミスだったとしても、事実と違う内容がある場合は問題です。

 

正社員ではないのに正社員と書く、年収を多めに書く、勤続年数を多く書く、仕事先が違うなどなど、少しでも条件を良く見せようとしたものですべて台無しになります。

 

内容は誠実に、本当のことを正しく申告しましょう。

 

一度に何社も申し込んだ

個人信用情報には、カードローン会社などに申し込みをした時点で情報が記載されます。
1日に突然何社にも借金を申し込んだら、非常に危険な金融リスクがあるように見えますよね。

 

これは申し込みブラックと呼ばれるもので、審査に落ちた時のすべり止めとばかりにたくさん申し込むのは絶対にNGです。多くても2社までにしておきましょう。

 

後は、過去に自己破産や債務超過で整理をしたとか、返済を長期延滞しているなどといったマイナス条件が考えられます。

 

でも、それは自分でわかっていることですよね。希望額が高すぎたのかもしれませんし、条件を下げて他の会社をあたってみるしかないでしょう。

 

以下で今一番審査が緩い銀行カードローンを紹介しているので、他で審査に落ちた人も是非申し込みしてみてください。

 

↓今一番審査が緩いカードローンは?↓

 

お金を借りる審査が緩い銀行カードローンは?

 

銀行カードローンやキャッシングとか色々な会社がありますが、今一番審査が緩いと言われているのが、かなり意外な所ですが、三菱UFJ銀行カードローンです。

 

業界内では知っている人も多いと思いますが、三菱UFJ銀行員の暴露記事がビジネスジャーナルという所で掲載されて話題にもなりました。

 

▼三菱UFJ銀行員の暴露記事

 

新規借り入れの申し込みがあると、まず日本信用情報機構などの信用情報機関に対して、借り入れ希望者の情報の開示要求をし、その結果を見て与信額(融資できる金額)を決める。

 

その際、過去、延滞などが多い、もしくは債務整理や自己破産などを行っていなければ、ほぼ通る。多少、借り入れ額が多くとも、貸し付けは可能。他社での借り入れが多い人には「おまとめローン」も提案できる。

 

⇒ビジネスジャーナルから引用

 

自己破産や債務整理をおこなっていなければ、ほぼ誰でも通ると言っていますね。で、多少借り入れ額が多くとも、貸し付けが可能との事。もともと収入のない専業主婦とかでも貸し付けをしている三菱UFJ銀行カードローンさんですから、さすがですね。

 

しかも、銀行カードローンだから年収制限もない(※収入がない人は総量規制で消費者金融では借りれない)し、低金利で即日も可能になっているのも特徴ですね。

 

三菱UFJ銀行カードローンの詳細

 

実質年率

4.6%〜14.6%

利用限度額

1〜500万円
主婦:30万円まで
学生:10万円まで

収入証明書類

100万円未満なら提出不要

利用できる人

・主婦や専業主婦や学生やパートやアルバイトや年金受給者でもOK

 

三菱UFJ銀行カードローンで必要な書類は・・・

  • 本人確認書類
  • 運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか一点

  • 収入証明書
  • 源泉徴収票・確定申告書・住民税決定通知書など

 

収入証明書は100万円未満の申し込みなら提出不要です。必要書類は写メなどで送る事もできるので簡単です。また、書類が家とか勤務先に郵送されることもないので安心して借りれます。

 

もちろん即日融資に対応!土日や祝日でも借りられる

三菱UFJ銀行カードローンさんは即日融資に対応しています。

 

審査は通常30分程度でかなり早いです。また、即日融資の際は通常14時くらいまでに申し込みを完了させていないとダメですが、三菱UFJ銀行カードローンの場合は平日の15時以降や土日や祝日であっても即日融資で借りる事ができます。
(※ネット申し込み後にTV窓口に運転免許証を持って手続きをする必要があります。)

 

他の会社で審査に落ちてしまった人もココなら借りれる可能性は非常に高いと思います。

 

ちなみに三菱UFJ銀行カードローンと同系統であるじぶん銀行カードローンも母体が同じなので恐らく同じような審査のゆるさだと思います。

 

↓審査が緩い三菱UFJ銀行カードローン


カードローン申し込みの流れ

どこのカードローン会社へ申し込むかが決まったら、早速申し込みを行います。今は自宅のパソコンかスマートフォンから申し込むケースがほとんどですので、インターネットのつながる環境でカードローン会社のサイトから申し込むのが一番手軽です。

 

インターネット環境がない場合は、近くに自動契約機がある会社を選ぶか、事務所へ出向いて窓口で申し込むのが早いでしょう。

 

電話やFAX、郵送での対応もしていると思いますので、まずはその会社のサービスコールを調べて、営業時間に電話するのが良いでしょう。

 

インターネットの場合は、サイトの申し込みページから個人情報を入力すれば完了します。
法律で本人確認をする義務があるので各会社とも必要書類の提示を求めるはずですが、運転免許証、健康保険証、パスポートなどが必要とされます。

 

他には金額によって収入証明書となるものの提示を求められる場合もありますが、最近ではほとんど少なくなりつつあります。提出方法は、カメラで撮影してメールに添付する形で提出OKというところがほとんどですので手間もありません。

 

申し込みが済めば、後は審査を待つだけです。

 

インターネットの場合24時間受け付けているところが多いですが、夜中に申し込んでも審査は翌日の営業時間からとなります。急ぐ場合は自分から電話をして審査を早く開始してもらうところもあり、即日融資を希望しておけば、おそらくすぐに始まると思います。

 

ただし、必ず即日可能というわけではありませんし、審査に通るかどうかはやってみないと本当にわかりませんので、予定がある場合は余裕をもって申し込むほうが賢明です。


カードローンの選び方

カードローン会社にいざ申し込もうと思った時に、どこを選べば良いかはいくつかのポイントがあります。

 

まず、自分にお金を貸してくれる条件を持っている会社かどうかは調べなくてはいけませんね。収入があるかないかで言えば、ない人は銀行カードローン系列を探すことになるでしょう。

 

住宅ローンや車のローンなどがあって、総量規制にひっかかりそうだという人も同じです。

 

次はやはり金利に注目するのがポイントです。

 

借りるだけでお金を余計に払わなくてはいけないわけですから、金利は低ければ低いほうが助かります。各会社とも金利は◯%〜◯%というように、幅を持たせて表示していると思いますが、低いほうが適用されることはまずないと思って、一番高いほうの金利に注目しましょう。

 

三菱UFJ銀行カードローンは4.6%〜14.6%です。
銀行カードローンなので消費者金融とかと比べてもかなりの低金利です。

 

その他には、無利息期間などがあるかないかもチェックしたほうが良いです。

ジャパンネット銀行なんかは銀行ローンなのに無利息期間がある珍しい会社です。

 

その他の細かい条件としては、人によっては、例え借りられる限度額が少なくても、仕事先への在籍確認が省略出来るところを希望するかもしれません。

 

また、ほとんどの会社がインターネット上での取引を開始していますのでそうした面では遜色はないと思いますが、実際に現金を引き出す時のATMが自分の生活圏にたくさんあるか、手数料がかからないで済むかといった点も調べておく必要があります。

 

そして、借りるのは良いですが、返しやすいかどうかも大きなポイントになります。
借りるばかりでは済みませんので、しっかり返しやすいところを選びましょう。

 

↓審査が緩い三菱UFJ銀行カードローン