銀行カードローンを延滞すると…

銀行カードローンを延滞すると、たいていの場合、銀行の担当者から電話が来たり、督促状が郵送されて届きます。
そして通常の利息の他に遅延損害金が発生してしまいます。
たまたま返済を忘れて数日延滞しただけなら、通常、信用調査会社のブラックリストに載ることはありません。
しかし、何度も延滞を繰り返したり、数ヶ月延滞したままとなると、ブラックリストに載ります。
そうなってしまうと、もう、融資を受けることはできなくなり、返済するだけのカードになってしまいます。
ただ、事前に支払いが滞ってしまいそうだと分かった時に、銀行の担当者に電話で連絡をしておくだけで、印象が良くなります。
もちろん、毎月延滞していたら、いくら電話をしても信用は無くなるでしょうが、ごくたまに支払えない状態になった場合には、有効です。
全国銀行個人情報センターの場合、数ヶ月以上の延滞の記録は、契約終了日から5年は消えません。
自己破産の場合は破産確定から10年も残ります。
つまり、一度数ヶ月単位の延滞を起こしてしまうと、5年は融資してもらえなくなる可能性が高くなります。
5年経って、信用情報から延滞の情報が消えて他の銀行からは融資が可能になっても、その延滞した銀行からは、
融資が二度と受けられなくなる可能性も否めません。
延滞は、とてもリスクが高いです。
延滞を起こさないためには、借りる前にしっかりと、返済プランを立てることです。