カードローンを延滞してしまう場合

カードローンに慣れていない人が不安になるのが、もし万が一返済日に返済出来ず、延滞してしまった場合にはどうなるのかということです。

 

テレビや映画で見るように、怖い人達がいきなり自宅へ押し寄せて来るのかと思うと怖くて借りられませんよね。実際には、まっとうな営業をしている大手企業であればそこまで極端な展開があるわけではありませんが、当然督促や債権回収業者は存在します。

 

著しく社会的信用を失う上に裁判になりますので、自分が生きて行く上で問題になるような事態は避けましょう。

 

返済が遅れると、まず登録した電話番号に督促の電話がかかり、もしその電話に出られないようなことがあれば、正式な督促状が発行され自宅に郵送されます。

 

つかまらない場合、勤務先へ電話がかかって来る場合もあります。
周囲の人たちに借金と返済延滞が知られる場合があります。

 

また、返済が滞ることで起こるものとしては、遅延損害金があります。

 

これは支払いが遅れた分の追加の請求金で、恐ろしいことに1日ごとに累積していくという罰金です。ただでさえお金がないのに、返さなくてはいけないお金が毎日毎日雪だるま式に膨らんで行くのは大変な恐怖です。

 

いつも期日前には返済するくらいの計画性を持ちましょう。

 

それでもどうしてもなんらかの説明出来る事情で返済日を遅らせて欲しいという場合、どうすれば良いかと言うと、まず自分から返済日より前にカードローン会社へ真摯に電話をすることです。事情を説明して、いついつまで待って欲しいと言った場合、快く承諾してくれるケースも実際にあるのです。

 

逃げたり、隠れたり、いい加減な態度を取るような人には鉄槌が下されますが、真面目に向き合う人は救われる場合もあるのです。とは言え、基本は延滞しないことです。