銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンの直接的なデメリットはあまり無いのですが気になる点を挙げておきます。
まず、高金利な消費者金融と比較すると、低金利な銀行カードローンは、審査が厳格であることが多いです。
特に融資希望の金額が高い場合は、正社員ですでに勤務期間が長期である場合で他社借入が無ければ審査に通りやすいでしょう。
しかし、アルバイト、派遣、パート、主婦の場合、融資を受けられないか、少額融資なら可能という条件付きかもしれません。
それでも、しっかり返済を繰り返していれば、徐々に借り入れ限度額も上がるケースも多いです。
次に、最高限度額を自分の貯金と混同してしまうことが考えられます。
銀行カードローンは、ATMから気軽に融資が受けられるため、自己管理ができない場合、つい使ってしまいがちです。
ウィンドウショッピングをしていてすごく欲しい商品が見つかったとき、「借りてしまえばいいや」と安易に借り入れを繰り返して限度額まで使ってしまうケースが考えられます。
毎月、しっかりと返済していれば、増額を提案されて、さらに借り入れを増やしてしまう結果になりかねません。
すると、金利ばかりの支払いになっていつまでたっても元金を返済できない負のスパイラルにはまりこんでしまうことが考えられます。
金銭感覚が麻痺してしまうと、限度額まで借りて、返済に困ったらまた、他社に借り入れるということを繰り返して、毎月の給料を返済にあて、借り入れで生活する人を見たことがあります。
そうなると、もう、債務整理や自己破産しか手段が無くなるのです。
しっかりと返済計画を立てて、借り過ぎに注意できる人であれば、銀行カードローンが一番お勧めです。