銀行カードローンとクレジットカードの違い

銀行カードローンとクレジットカードの違いについてご説明します。
まず、銀行カードローンは、銀行がお金を融資してくれます。
もともと自分の持っている普通口座のカードを使うサービスもあれば、新しくカードを作る場合もあります。
普通口座に付帯している場合は、引き落としに必要な金額が口座に入っていなかった場合、補填するようなサービスが主です。
限度額も30万円程度なので、借りすぎてしまうことは少ないかもしれません。
新規に申し込みする形態の銀行カードローンの場合、比較的低金利で500万等のまとまった金額の融資を受けることも可能なので、おまとめローンに使われることもあります。
クレジットカードは、銀行系、信販系、流通系等があるので銀行と信販会社の名前が合わさったようなカードも存在します。
しかし、銀行系も、銀行が直接運営しているのではなく、クレジットカードの専業会社が運営しています。
クレジットカードは、商品の購入に主に使われます。
後払いなので、まとめて支払いすることが可能です。
分割払いにも対応しているので、高額な商品が欲しい際に、リボ払いや分割払い、ボーナス払い等を選択して使えます。
クレジットカードにも、キャッシング枠がついており、現金を借りることも可能です。
銀行カードローンの場合、審査や手続きをしなければ、まとまった金額を借りることはできないケースが多いのですが、何気なく作ったクレジットカードに付帯しているキャッシング枠はつい、使ってしまいがちです。
その為、自己管理がしっかりしていないと取り扱いが危険です。
しかし、クレジットカードは、社会人になると必ずと言って良いほど、持っているものなので何気なく使ってしまい、
債務整理や自己破産につながるリスクも心得ておく必要があります。