審査の甘い銀行カードローンは存在する?

審査の甘いカードローンは存在するのかについて検証してみましょう。
審査の甘いカードローンは、確かに存在するようです。
しかし、今までに破産していたり、延滞を繰り返している人にも甘いという意味ではありません。
例えば、入社して間もない、派遣社員やアルバイト、主婦等、あまり条件が良くない場合でも融資してもらえる可能性が高いということです。
もし、仕事を転々としていたとしても、カードローンで少額の融資を受けられたとします。
毎月、決まった金額をきっちり返済していれば、信用は上がり、融資可能額も引き上げられるケースが多いです。
ですから、最初から高額融資を希望する場合は、難しいかもしれませんが、徐々に限度額を引き上げていくことは可能です。
また、現在の銀行カードローンは、消費者金融と提携しているサービスが大半ですよね。
その場合、銀行は、消費者金融に丸投げしているケースも多く、銀行の基準というより、消費者金融の審査基準で審査されるケースも多いのです。
そこで、銀行はなんとなく審査が厳しそうだと思っていても、案外、審査してもらったら大丈夫だったという取り越し苦労で終わるものです。
ですから、今まで破産やローンのトラブルを起こしたことが無いのに、収入が低いから等と悩んでいないで一度、審査を受けてみると良いでしょう。

参考サイト:
審査に通りやすいカードローンで借りる
一番借りやすい消費者金融はどこ?

銀行カードローンの審査の流れ

銀行カードローンの審査の流れについてご紹介します。
まず、申し込みですが、色んな方法があります。
パソコン、携帯電話からインターネット申し込み、ローン契約機(ACM)、電話、郵送、窓口等の方法があります。
現在多く用いられているのは、パソコンや携帯電話を使った申し込みです。
インターネットを使ったい場合、簡易審査が可能で、自分の収入や勤務年数などで借入可能か瞬時にチェックすることが可能です。
簡易審査は、実名等の個人情報は必要ありませんので、自分の場合、借入ができるのか大まかに判断するには最適です。
その後、実際に氏名や住所などの必要事項を記入して申し込みします。
申し込みすると、自分の信用情報が調査され、今までの借り入れの履歴をチェックされます。
もし、7年~10年以内に金融事故等を起こしたことがある場合は、事故情報が残っていて借入が難しいかも知れません。
融資可能かどうかの連がきますので、免許証等の必要書類や契約書類を提出します。
直接、ローン契約機や窓口で申し込みすると、すぐにカードが受け取れます。
ネットや電話、郵送で申し込みした場合は、後日、カードが送られてきます。
すぐに融資を受けたい場合は、ローン契約機を使うと早いでしょう。
ローン契約機に向かう前に、必要書類を揃えておく必要があります。
少額融資の場合、収入証明は不要なことが多いですが、高額融資を希望している場合や自営業者等は、収入証明などの書類が必要になるケースが多いです。

主婦やアルバイトでも借りれる?

銀行カードローンは、500万円迄等の比較的高額融資が受けられて住宅ローンや教育ローンのように使用目的を限定されることもありません。
そんな便利で低金利の銀行カードローンは、主婦やアルバイトでも融資が可能か気になりますね。
実際に審査に通るかは、その人の状況にもよりますが、主婦やアルバイトでも融資可能とウェブサイトに記載されているケースもあります。
主婦やアルバイトで融資審査に合格したい場合は、主婦やアルバイトでも可能と記載されているところを選ぶと良いでしょう。
その方が、主婦やアルバイトの方にも間口を広く開けている可能性も高いと言えます。

ただ、正社員の会社員と同額が融資されるケースはほとんど無いでしょう。
主婦やアルバイトの場合は、融資限度額が50万円程度に決められていることがほとんどです。
http://xn--tiq00kq0gnym444bntg.com/

50万円しか借りない場合は、14%以上であることが多いですが、それでも消費者金融の18%等に比べると少し、金利も抑えられているようです。
どうしても、急な出費でお金が足りない時、銀行カードローンのカードを持っていると便利です。
結論、銀行カードローンは主婦やアルバイトでも可能ですが、借りる前にしっかりと返済計画を立てて融資を受けることをお勧めします。